増毛の前にホルモンについて考えよう

薄毛はそれが誰であっても嫌なことであり、悩みの種でもあることでしょう。できることなら人生が終わるその瞬間までフサフサの髪の毛をキープしたいと考えている人がほとんどではないでしょうか。しかし残念なことに中には実際に薄毛で悩む人が存在するのです。たとえ若い人であってもそれは変わりません。もちろん薄毛ではない人も世の中に沢山います。ではどうしてこのように個人差が生まれるのでしょうか。特に若いうちは比較的髪の毛がフサフサしている人が多いのですから何らかの原因があるはずです。実は男性の方は特にそうなのですが、髪の毛と関係している要因があります。それは男性ホルモンです。実際にテストステロンの代謝物であるジヒドロテストステロンが発毛を阻害する原因と言われているからです。現在増毛を考えているのならこの代謝物について考える必要があります。男性の薄毛の原因になっているからです。一方、女性についても安心できるというわけではありません。というのも最近の女性の社会進出により強いストレスを受ける一部の人が薄毛で悩むようになりました。また若い頃は特に問題なかったのに、年齢を重ねるとともに、髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が多くなってきたと感じる女性も案外多いのです。こちらは女性ホルモンが減ってきたことによるものと考えられているのです。このようなことから女性も薄毛で悩む人が多いのです。特に年齢の高い女性ほど髪の毛のことで悩んでいる人が多いのはこのようなことが原因として考えられます。では増毛の前に何か対策を講じることはできないでしょうか。まずは頭皮についてきちんとケアすることです。シャンプーで髪の毛を洗う際はあまりゴシゴシしない、リンスを落とす際はしっかりと洗い流すことは頭皮を清潔に保つ上での基本となりますので、最低限実践してみると良いでしょう。また育毛剤などに頼るのも一つの手です。ただし使用する場合はご自身に合ったものを使用するようにしてください。もしどれが合っているのかわからない場合は、プロの方に相談してみることです。他に相談している方も同じような悩みばかりだと思われますので、特に恥ずかしいことはありませんし、むしろ沢山の方の相談に乗ってきているのでその分経験値も豊富なので安心です。薄毛の原因も相談に乗ってもらうことで明らかになることでしょう。それが頭皮に対して正しい措置を施す最短の方法でもあるのです。そしてホルモンが関係しているのかどうかを見極めてください。