薄毛対策に増毛、抜け毛対策にツボ押し

髪の毛の量が減ってしまい、抜け毛を防ぎたいとお悩みの方もいるでしょう。抜け毛の原因の一つに、血行不良があります。血液は頭皮に栄養を運ぶ役割があるため、血液の流れが悪くなってしまうと頭皮に栄養がうまく運べなくなってしまいます。そのため、髪の毛が栄養不足になってしまい、その結果抜け毛が増える場合があります。この状態を改善するためには、頭のツボを押すなどしてみるのも血行をよくする効果があるといわれています。頭のツボを押し、また頭皮全体をマッサージすることで抜け毛対策してみるのもいいでしょう。血行をよくするには、その他にも方法があります。運動不足を解消することも有効です。適度な運動は代謝機能を高めるので定期的にスポーツなどをしてみるのもいいでしょう。また、食事などを改善することでも血液の流れによい影響を与えます。偏りのある食事をせず、バランスのよい食生活に切り替えることで、抜け毛を防ぐためだけでなく、健康対策としても有効です。また、抜け毛をある程度防いでも、薄毛の状態が改善されるわけではありません。薄毛対策するためには、増毛や植毛という手段があります。植毛は、自分の毛根を薄毛の場所に移して定着させる自毛植毛という方法があります。ですが、頭皮を傷つけるため、炎症などを起こす可能性もゼロではありません。一方、増毛では、人工毛を自毛に数本結ぶことで髪の毛の量を増やします。頭皮はほとんどダメージをうけることはありませんので比較的安全な手法だといえるでしょう。ただし、人工毛を使用するため自分の髪の毛のようには人工毛は成長することはありません。そのため、増毛後に定期的なメンテナンスをお店でしてもらわなければなりません。メンテナンスでは、髪型を整えてもらったり、自毛に結んだ人工毛が自毛の成長と共に頭皮から浮いてしまうため、それを調整してもらいます。また、自毛に結び付けているので、抜け毛として自毛が抜けてしまった場合、人工毛が結んだ毛なら一緒に抜け落ちてしまうこともあります。そんな状態になると、せっかく増やした髪の毛の量が減ってしまうので、これもメンテナンスで髪の毛の量を元に戻してもらわなければなりません。メンテナンスでも、毎回費用がかかってしまいますが、メンテナンスに行かずにいると髪の毛が成長した時に違和感がでてしまうので、周囲の人々から増毛していると気付かれてしまうことにもなりかねません。できるなら、定期的なメンテナンスを受けることをおすすめします。