増毛したあとの散髪はどうすればいいの?

髪の毛の密度を増やして薄毛を隠すことができる増毛は、コストが安く施術したその日で完了する早さから、時間をかけて行う治療よりも手軽なため人気があります。一般的にはかつらやウィッグといった方法がありますが、その他にも自毛に人工毛を結び付けたり、編み込み式で増やす方法もあるので、自分に合った方法を選んで好きな場所に好きなだけ髪の毛の密度を増やすことができます。しかし、人工毛は自毛のように伸びてはくれないので、数ヶ月もするとどうしても自毛が伸びて、不揃いな毛髪となってしまいます。これから増毛を考える人は、この点をどうすればいいのか気になることも多いようです。髪の毛が伸びると、かつらやウィッグは押し上げられ不自然な状態となりますし、結び付けでは当初は根元に結ばれていたのが、伸びることで一緒に移動して根元がスカスカな状態となってしまいます。編み込み式では目立ちしませんが、長さが不揃いとなって増毛した部分だけがハゲたように見えることもあります。基本的に増毛は1ヶ月に1回のメンテナンスが必要とされ、人工毛の摩耗や脱落がないかのチェックと共に、結び付けられた人工毛は根元に押し下げるようにします。伸びてしまった髪の毛は散髪するしかありませんが、施術を行う施設にはヘアカットを行うサロンを併設しています。行きつけのサロンがあれば、そこで散髪しても問題ありませんが、増毛の知識があまりないお店では逆に人工毛も一緒にカットしてしまったり、かつらとの長さの調整が上手くいかなくなることもあります。カットする長さや、カットされたくない部位などを細かく説明する必要があり、とても面倒な作業となってしまうので、なるべくなら施術を行ったところでカットしてもらうのが良いでしょう。施術した場所なら自毛と人工毛の境目もカルテでわかりますし、専門で行っているので知識も豊富で人工毛の脱落がないように丁寧に仕上げてくれます。併設していないところでも提携するサロンが用意されているところもあるので、その場合は提携先に足を運んでカットしてもらうことになります。お店の中でかつらを取ると、他の客の視線が集中するなど恥ずかしい思いをすることもあるので、提携先のサロンでは、他の客が居ない閉店後に来てもらうなどの配慮がされています。ヘアカットの料金も専門的なため高額なところもありますが、基本的には一般のサロンと違いのない料金となっています。