増毛効果の持続期間について

髪の量を増やすには育毛や植毛などの方法があります。これらの方法は、それぞれ効果や期間が異なります。可能な限り、長いこと増毛の効果を持続させたいと考えている人が多いでしょう。すぐに効果が切れてしまう場合は費用が多くかかってしまうからです。また、植毛の場合は、何度も業者のところに通うことになってしまうので、時間的にも辛いといえます。一般的には、植毛より簡単な人工の毛を編み込む方法の方が人気があります。人工の毛を自分の毛の根元に編み込む方法は昔から人気があります。根元に編み込む方法であれば、非常に簡単に施術を施してもらうことが可能ですが、持続するのは長くても2ヶ月です。1ヵ月を過ぎる頃には、編み込みが取れはじめ、不自然さが目立つようになってしまいます。自毛が伸びてくるとどうしても編み込みが解けやすくなってしまうのです。本人的には不自然でないと感じていても、周囲から見ると違和感があるので注意が必要です。家族と同居している場合は、一日に一回は不自然に見えないかチェックしてもらうと良いでしょう。また、直接編み込む方法を改善した方法も生み出されました。それは髪に直接編み込まずに、頭に編み込むための特殊なネットをかぶせる方法です。この方法であれば、髪が伸びても解けやすくなることはありません。また、人工の毛の重さが直接自分の毛にかかりません。そのため、毛根にも優しい方法であるといえます。しかし、新たに1つの問題が発生します。それは伸びた髪によってネットが浮いてしまうということです。そのため自分の毛髪をこまめにカットしてもらう必要があります。また、浮いてしまったネットを戻すには、専門業者に施術を施してもらう必要があります。髪のカットも普通の理髪店や美容室では行えないので、業者にカットを依頼することになるでしょう。そのため、期間的にはやはり1ヵ月に一度は点検してもらう必要があります。この他にも、頭にネットを取り付けるのではなく、シートを貼り付ける方法もあります。この方法は最も手軽に施術を行えるのですが、数週間でシートが剥がれてしまうので、期間的には非常に短いと言えます。その他にも増毛スプレーを使った方法も人気があります。薄くなっている部分に増毛スプレーを吹き付けることによって、増えたように見せることができるのです。しかし、シャンプーをすると洗い流されてしまいます。そのため、持続期間は大変短く、毎日使用する必要があります。