アイランドタワークリニック|気になる植毛の密度は?

薄毛の原因で多いのがAGAと呼ばれる男性なら多くの人が発症する可能性のある男性型脱毛症です。治療方法として、投薬治療を行うクリニックが増えてきて、宣伝もよく見かけるようになりました。原因となる男性ホルモンを抑制するこの医薬品はかなりの効き目があります。ただし、投薬中しか効果がありません。飲み続けることで良い状態を維持することになります。また医薬品特有の段々と効果が薄れるという状況もあります。永続的な薄毛の対応方法として自毛植毛があります。AGAは後頭部には影響を与えないことが多いため、元気のある毛髪を採取して薄毛の部分に移植するというものです。移植された毛髪がしっかりと根付いた場合、通常の成長を継続します。これを生着といいます。生着率が高いことが効果のある植毛と言えます。自毛植毛にもいろいろな方法があります。もっとも効率がいいのは後頭部に帯状にメスを入れて切り取り、植毛株を作るスリット方式です。必要な移植株を簡単に搾取することができるため費用も低めで行えます。採取した跡に線状の傷跡が残ったり、縫い合わせるため頭皮がつっぱった感覚が残ります。移植のときにも帯状に切れ込みを入れてピンセットで差し込みます。その他の方法として、パンチと呼ばれる移植株を個々に採取する器具を用いて行う方法です。毛穴ごとに移植株を採取できるため、大きな傷が残ることはありません。出来上がった移植株は少し小さなホールを開けて差し込みます。傷跡をなるべくない仕上がりを希望であればパンチを使った方法がお勧めです。アイランドタワークリニックが行っているi-directは、0.8mmという極細なパンチを使って毛穴ごとに採取するため跡が残りにくい特徴があります。また、移植先は採取したものよりも小さい0.6mmのホールを開けて、空気圧を利用して埋め込みます。だからしっかりと埋め込むことができます。通常、頭皮には単位平方センチメートルあたり120から240本の密度で髪が生えています。i-directは、極細の移植によって150本以上を実現することもできます。移植するときには、生着した毛髪が自然に見えるように移植先に開けるホールの方向が重要です。アイランドタワークリニックでは経験豊富な医師が目視でひとつひとつ詳細なデザインでホールの作成を行うので、毛の生える方向や毛流も考慮され、見栄えのよいナチュラルな仕上がりになります。高い密度で移植されて自然なデザインの仕上がりが期待できる自毛植毛が受けられます。