アイランドタワークリニック|術後の傷跡について※みんなの質問

薄毛への対処法の1つに自毛植毛があります。自毛植毛には外科的にメスを使用して行うFUTと呼ばれる方法と、メスを使用しないで切らずに植毛を行うFUEがあり、前者においては施術跡として細いラインが傷痕として残り、また、後者においては、毛髪を採取する際にできる小さな白い点が残ることになります。しかし、アイランドタワークリニックで行っているFUEでは傷跡を残すことなく施術を行うことができるようになっており、ここではi-direct法と呼ばれる独自の方法が用いられています。特徴としては、まず、メスを使用しないために痛みが無く、傷跡が残らないことがあります。次に高度なデザインが可能となることや大量高密度の移植が1日で行えることがり、他にも95%以上の正着率や数回にわたっての施術が可能となることがあります。これまで一般的に行なわれてきたFUEでは、毛髪の採取から移植ホールの作成、移植といった工程では、全て専門の医師による人力で行われており、そのために仕上り具合や毛髪の正着率に関しては、医師それぞれのレベルが大きく影響を与えてしまうことになっていました。しかし、アイランドタワークリニックで行うi-direct法では、これまでのFUEとは異なり、専用の極細のチューブパンチを使用することで、組織へのダメージを最小限に抑え、細部までこだわったデザインに仕上げることが可能となっています。施術の流れとしては、まず最初にドナー採取が行われますが、ここでは医師が目視で2~3本毛の状態の良い毛髪を選択し、0.8mmの極細のチューブパンチで毛包の採取が行われます。先端がドリル状に回転して必要な箇所のみの採取となるために他を傷つけることがなく、痛みもなく傷跡も残さないで行うことができるようになっています。次にホール作成が行われますが、i-direct法では0.6mmという細さのチューブパンチを使用して1つずつ皮膚をくり抜いていくことになり、極細のパンチのために密度の高い毛穴が生成できるようになっています。最後の工程となる移植においては、i-direct法ではドナー株を空気圧を利用して植込んでいきます。そのためにドナー株へのダメージを最小限に抑えることができ、結果、高い正着率につながることになります。この場合、0.6mmの穴に対して0.8mmのドナー株が使用されるために、皮膚からの圧力で抜けることがなく、また、全体的に移植を行うことによって安定し、脱毛に関しても防ぐことができるようになっています。