アイランドタワークリニックの術後を追跡!進捗はこちら

脱毛の症状があらわれているときには、様々な方法を試して改善したいと考えるものでしょう。最近では若い世代の人であっても抜け毛で悩んでいる人は多く、男性ホルモンによって引き起こされるAGAを発症している人が増えています。AGAは男性ホルモンによって脱毛が起きるもので、AGA治療薬を服用することで治療を行う人もいます。様々な治療法を試した結果として、改善が見られないときには自毛植毛を試すことをおすすめします。自毛植毛とは従来までの人工毛を移植するものではなく、自分の後頭部の髪の毛を移植する増毛法のことを言います。後頭部の毛根はAGAによって脱毛しにくい特徴がありますので、その毛根の性質を活かして通常のヘアサイクルを取り戻す治療になります。アイランドタワークリニックではメスを使って皮膚を切ることのない、自毛植毛の手術を受けることができます。アイランドタワークリニックが独自に開発した、i-ダイレクト法であれば電動パンチを使ってFUの採取を行いますので、移植片であるグラフト株を傷つけることなく採取することが可能です。傷が付かないことや、手術時間を短くできるなどの理由によって患者の負担を減らせますので、1回の手術によって大量の毛根を採取することができます。皮膚を切る手術による自毛植毛なら、術後に縫合する必要性がありますし、1500から2000グラフトまでしか採取できないと言われていました。アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法であれば、ドナーを採取する際に0.8ミリの穴をあけることで、目立たなくすることが可能で意識的に近くで見られなければ、だれも手術したことに気付きません。後頭部から1回の手術で最大4500グラフトの量の採取ができますので、何回も手術をする必要がなくなります。i-ダイレクト法の術後には、吸引して採取した部分が赤みがかって見える程度で、腫れなどの症状はほとんどあらわれません。術後1週間ほど経過すると、赤みもかなりの部分で引いてきて、毛髪が生え始めます。自毛植毛の手術では痛みが引かないことや、頭皮の腫れなどが心配になる人がいると考えられますが、アイランドタワークリニックでは術後においてもアフターケアが充実していますので、安全性の高い治療が受けられます。アフターケアの一環として、独立機関によるケアセンターを設立していますし、高水準の医療スタッフが従事していますので安心です。独立機関のケアセンターでは、医者やスタッフに直接話しにくい悩みや症状があるときには、気軽に相談できる体制となっていますので、患者の精神面におけるサポート体制も万全です。