アイランドタワークリニック|切らないアイダイレクト法とは?

脱毛の治療としては、食生活を改善させることや睡眠不足を解消すること、またはAGA治療薬が用いられる方法などがあります。海外で開発されたプロペシアなどは、薄毛を改善させるための治療薬として、医療機関で処方を受けることが可能です。治療薬を用いる改善方法では半年以上の期間にわたって、服用を続けることや副作用の問題なども考慮に入れる必要がありました。それらの治療法とは異なる形での薄毛の改善法として、自毛植毛があります。自毛植毛とは人工毛ではなく自分の髪の毛を移植して、増毛の効果を得る方法です。薄毛の多くの原因としては、男性ホルモンの影響によって脱毛してしまうことが考えられますが、後頭部の髪の毛については男性ホルモンの影響を受けにくいと言われています。抜けにくい部分の毛根を薄毛の部分に移植することで、毛根レベルから髪の毛が増えるようにしていくのが自毛植毛となります。メスを使わずに自毛植毛を手術を行っている病院として、アイランドタワークリニックが注目されており、数多くの症例の実績を残しています。アイランドタワークリニックの自毛植毛は、アイダイレクト法と呼ばれているもので、1つずつ機械を使用して毛根の採取を行います。今までのFUEでは手作業によって1つずつ、髪の毛を採取するための医療器具であるパンチを使って毛根の採取をしていましたが、アイダイレクト法であれば機械による採取となりますので、素早く手術を完了させることが可能です。また、手作業によって採取したときには、角度が異なるものとなりますので、移植片であるグラフト株が傷ついてしまう問題がありました。アイランドタワークリニックの手術方法であれば、機械によって同じ角度で移植片の採取が可能となるために、傷つけずに済みます。綺麗な状態で採取した移植片を、間隔を詰めて移植することが可能になりますので、高い密度で髪の毛を植えることができます。メスを使用する手術の自毛植毛であれば、皮膚を切る必要性があるために、手術をした後に縫わなければなりません。アイダイレクト法であれば縫わなくて済みますので、傷跡が残りにくく、そのことによって他人に気付かれにくいメリットもあります。痛みを軽減できることから、患者の身体の負担も少なくすることが可能となり、1回の手術で今間でよりも数倍のグラフト株を採取できます。2013年にはアイランドタワークリニックで、4000グラフトの移植に成功した実例がありますので、信頼性の高い自毛植毛の手術を受けることができると言えるでしょう。