アイランドタワークリニック│ダイレクト方法?メスを使わない手術

薄毛の悩みを素早く解消させたい人の場合には、カツラなどを使用する人がいると思います。カツラであればかぶるだけで増毛したような効果が得られますが、日々における接着剤の問題であったり、身に付けなければならないわずらわしさが残ってしまいます。メンテナンスやランニングコストのことを考えても、一定の費用が必要になってきますし、見た目の不自然さの問題は解消されない可能性が高いです。カツラや人工的な増毛とは異なる薄毛の対処法として、自毛植毛という技術があります。男性ホルモンが原因となって薄毛となるときには、毛根が弱くなってしまうことが脱毛の要因となります。抜けていく部分は生え際や頭頂部が多くなりますが、後頭部の部分については髪の毛が残ることが多いです。後頭部の毛根は男性ホルモンの影響を受けにくい特徴を持っていますので、長い間抜けることがありません。後頭部の毛根を使って移植する手術を行うものを、自毛植毛の技術になります。独自の自毛植毛技術としては、i-ダイレクト法を実践している病院としてアイランドタワークリニックがあります。アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法は、先進的な医療機器を使用した技術になりますので、メスを使うことはありません。通常の自毛植毛の手術では、1つずつ毛根採取用の医療機器であるパンチを使用することで採取を行いますが、i-ダイレクト法では機械を使用するために採取のスピードが速くなります。i-ダイレクト法の最も大きなメリットとしては、メスを使用しないために痛みを感じにくいことや、グラフト株を傷つけることなく採取できる点にあります。手による採取をしたときには、丁寧に作業が行われているというイメージがありますが、手作業で採取したときにはグラフト株を傷つけてしまう可能性を否定できません。アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法であれば、電動パンチを使用することによって、採取のときの角度を変えずに作業が行えます。それによってグラフト株を傷つけることなく採取することが可能となり、無駄なく作業が行えることから1回の手術で自毛植毛ができます。従来までの植毛技術であるストリップ法の場合には、後頭部の皮膚を切る方法でグラフト株を採取しなければなりませんでしたが、アイランドタワークリニックでは1回で最高4500グラフトの採取ができることから、手術回数を減らすことに成功しています。多くの移植を1度で完成させるためには、アイランドタワークリニックの医者の高い技術と熟練度のなせる業と言うことができます。